サマーディは大我の目覚め

2021-06-25
トピック:スピリチュアル: 瞑想録

ヨガナンダの弟子である「ヨガ行法中伝」の著者はまずヨーガ・スートラに基づいてダーラナ(集中)・ディヤーナ(瞑想)があり、その結果としてサマーディが現れると説明しています。

基本的な構造としては、一般的な普通の心の滅却によって現れる第二の心、その第二の心が現れた状態がサマーディと言うことです。

行者の心が全く波動を中止して、無我・無私の状態に持続せられる時、その心の側に眠っていた第二の心が目を醒ます。この「第二の心」の目醒めをサマディというのである。「ヨガ行法中伝(関口野薔薇著)」

これは、私の状態と当てはめてみると次の3段階が当てままる気が致します。

最初:視界がスローモーションで認識される
次:胸の奥の「創造・破壊・維持」の意識の目醒め
最近:意識が体をダイレクトに動かしていることの実感

これらは基本的に「静寂の境地」を基礎としていますが、最近の段階になりますと静寂の境地への依存から離れるという状態になってきています。ですが、基本は静寂の境地を基礎にしています。静寂の境地とは「心の一時的な静止」です。これに基づいてヨガナンダの弟子は説明しています。

サマディは小我の休息ではあるが、大我の目醒めであって、人間そのものの死を涅槃というのではない。別言すると涅槃は、個人の心中における宇宙意識の覚醒である。(中略)この宇宙意識のことを神または仏というのであるが、(中略)人間にあってはこの内部に神または仏が棲息し給うけれども、常人の体内では常に休息してい給うのである。人間に内在する神、これこそ誠の人間、誠の自我なのである。だがその神は常人の内部では、およそ眠ってい給う。この眠れる神を目醒めしめて、「人が神と共に住み、神が人と共に働く境地」を開発した時、その境地をこそ、天国または極楽と呼ぶのである。人間がこの極楽の境地に入ると、それがあらゆる宗教の目的であり、またヨガ行法の最後の目的でもあるのである。「ヨガ行法中伝(関口野薔薇著)」

静寂の境地を基本として宇宙意識が覚醒することがサマーディであって、それを神や仏と呼ぶ、と説明しています。そしてそれが天国あるいは極楽だと言うことです。普通の人においてはこの宇宙意識は眠っていて、目醒めた状態がサマーディである、と言うことです。

これは、言い方は色々あるとは思いますが、基本的には私の感覚と一致しています。

ただ、大我とは言っても、割と日常生活は普通です。そんなもんだと思います。特に変わったところはありません。ただ、今まで眠っていたのが意識的になった、というくらいです。こう言ってしまうと誤解が生じるかもしれませんけど、要は特別感はないということです。地味なものです。