天のエネルギーは真っ直ぐ降りてくる(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)ヨーガのプラーナによる健康

眉間に改めて集中が定まる

2022-01-11
トピック:スピリチュアル: 瞑想録

眉間に集中するのは瞑想の基本であるわけですけれども、改めて感覚の違う集中になりつつあります。

クンダリーニのエネルギーを後頭部及びその近くにある「半歩」を経由させて頭頂に上げ、それと同時にコスミック・クンダリーニあるいは6次元のクンダリーニあるいは6次元のハイヤーセルフなどと呼ばれているエネルギーを素直に胸のアナハタ付近からそのまま身体中、特に頭頂にまで充満させます。

そうするとムーラダーラなどの下方から上がってきて後頭部を経由したクンダリーニのエネルギーと、6次元のハイヤーセルフのエネルギーが頭頂付近で融合し、その融合したエネルギーは行き場を求めて眉間へと流れ込んでいきます。

瞑想の間、基本的には大体いつも眉間にそれなりに意識を合わせているわけですけれども、必ずしも眉間にそこまで頑張って集中する必要はなくて、その時々に応じてエネルギーを通したい場所、例えば頭頂だとか腕だとか各所に意識を移したりすることはあるわけですけれども、この場合、クンダリーニのエネルギーとハイヤーセルフのエネルギーはその意識の方向づけに応じるように頭頂付近にてまずは融合し、その後、特にそこまで眉間を意識していたわけでもないのですけど、その融合したエネルギーが行き場を求めて眉間に流れ込んでいるのです。

頭頂のサハスララにはクンダリーニのエネルギーとハイヤーセルフのエネルギーが充満して、もともとハイヤーセルフのエネルギーは次元が一つは違うようでクンダリーニのように特に後頭部や「半歩」を経由するルートを取る必要はなくてそのままアナハタからサハスララへと通じるわけですけど、その、次元を異にするハイヤーセルフのエネルギーが元々のクンダリーニのエネルギーと融合して、また新たなエネルギーの状態、オーラの形として現れ、そのエネルギーは眉間に流れ込んでいるようなのです。

この状態で瞑想を続けると、単にクンダリーニをサハスララに上げた時に起こる静寂の境地とはまた違った状態になり、静寂の境地においては若干、この世離れしているような感覚もあったのですけど、眉間に集中を新たにしたこの状態においてはより地に足がついているような気が致します。

そこから、次元を異とした何かに繋がりそうな感覚もあるにはあるのですけどそれはまだ予感だけで、今の所、特別に変わったところといえばこの感覚くらいです。



天のエネルギーは真っ直ぐ降りてくる(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)ヨーガのプラーナによる健康