2つの道の本質的な特徴(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)全てのものはブラフマンであるという原則

知識の道にある4つの原則


ギーター解説書の続きを読んでいきます。>

実際に知識の道を歩むために、主はいくつかのプロセスを提案しました。そのすべてにおいて、真実であるところの神の実現、確実なる意識と至福を得るという成果は同じです。 多くの副次的な種類がありますが、知識のヨガは、4つの主要な種類に分けることができます。 それらは、以下の原則によって表されることがあります。

(1) 全てのものはブラフマンであり、存在するのはブラフマンだけです。
(2) すべての現象的な存在は幻想です。 実際、真実、意識、至福であるブラフマン以外には何も存在しません。
(3) 現れるもの全ては私自身です – それは私です。
(4) 現れる全てのものは幻想的で一時的なものであり、実際の存在ではありません。 私である、永遠の意識のある自己だけが存在します。

これらの中で、最初の2つはヴェーダの公式 'Tattvamasi' (Thou art That)の Tat (That) を参照しています。最後の2つは同文の Tvam (Thou) を参照しています。





2つの道の本質的な特徴(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)全てのものはブラフマンであるという原則