2つの神のための行動


ギーター解説書の続きを読んでいきます。>

「神のための行動」も2種類あります。

経典によって課せられた義務。それは神の願いに従って、神の実現または神の愛の達成を目的として、あるいは神の喜びのために、そしてあるいは主のイメージなどに崇拝を捧げることを目的として行われる。もう1つの崇拝の形は礼拝と瞑想です。それは神のみのために行われ、見た目からも神と関係がありますが、どちらも「神のための行為」に含まれています。 これらのタイプの行動は両方とも、ギーターでは「マトカルマ(Matkarma)」と「マダルサ-カルマ(Madartha-Karma)」という用語で呼ばれています(XI.55; XII.10)。

排他的な献身として語られてきたもの (VIII.14, 22; IX.13, 14, 22, 30, 34; X.9; XIII.10; XIV.26) は、「Bhagavadarpaņa」(神に捧げられた行動)と「Bhagavadartha」(神のための行動)という言葉で表される2種類の行動にも含まれています。 これらすべての果実である神の実現は同じです。