(時系列の次記事)アジナに集中してアナハタの扉を開く
(同テーマの次記事)命の重さ

最近はYouTube経由でエネルギーを吸い取る人がいるようです

2020-12-31
トピックスピリチュアル

遥か昔から能力を奪うとかエネルギーを奪うとかいうお話はあって、昔は近くにいる時だけにそれが起こったものですけど、最近はYouTubeを見ているだけで視聴者からエネルギーを奪うような器用なエネルギー・ヴァンパイアがいらっしゃるのですね。この種のエネルギーを奪う系の人は昔から一定数いましたけど、最近は進化しているのですね・・・。こんな変な迷惑な進化なんてしなくてもいいのに、と思うのですが。

近くに寄ったり映像を見ているだけで疲れるのであればすぐ離れるのが基本ですね。私の場合は、特にお腹がムズムズと凹む感じで痛くなります。チクチクはしませんが、どんよりとお腹から何かを吸い取られるかのようです。きっとこういうことをする人はマニプラ以下が優勢でマニプラで相手からエネルギーを吸っているのですね・・・・。怖い怖い。

昔からスピリチュアル界にはエネルギーを吸い取る人がいて、最近ですと覚醒とか悟りを語っているYouTuberの中にエネルギーを吸い取る系のYouTuberがいるようですね。本人は気が付いていないのですかね・・・。迷惑なんですけど。エネルギーを視聴者から奪いながら覚醒を語っていたり宇宙や次元や真理を語っている動画は見ないほうがいいですね。

ちょっと前はブログでもこういうのはありましたね。ブログを読んだ人から対価としてエネルギーを吸い取るように技をかけているのでしょう。本人が意識的にやっているのか無意識的なのかは知りませんけど、エネルギーが不足している人がブログを書いて視聴者からエネルギー補給するというのは昔からもぼちぼちありましたし、今も普通にあると思います。最近はそれがYouTubeになってきているのですね。

いくつか最近見たところ、狐の化身っぽい人もいましたね。妖狐とまでは行きませんけど、狐系の美人さんがYouTubeでスピリチュアルしていたりしますね。こりゃ、あまり良くわかっていない人だと貢いじゃうかもしれないですね・・・。他人の勝手なので好きにすればいいですけど。特にそれを阻止したりなんて野暮なことしませんよ。そういう体験も全て学びですし本人の選択だから好きにさせておくのが一番なのです。

まあ、そういう人に騙される・・・ と言うと語弊がありますけど、人にはそれぞれレベルがありますし、どんな人であっても誰かに教えることはできますし、自分より上のレベルであれば教師として教えてもらえる人は誰がしかいます。ですから別に騙されるという言い方は語弊があるのですけど、悟りを教えている筈の教師が一瞥しかしていないのだとしたらそれは看板に偽りありなのではないでしょうかね。そもそも一瞥の悟りとわかっていてそれを教えているのならばいいですけど、わかってる人なら一瞥の悟りだということをはっきりと述べるでしょうし、そもそもそのくらい自分の事がわかっている人なら一瞥しただけでスピリチュアルのこと教えだしたりはしないと思いますけど。まあ、これは人にもよりますけどね。私はそう思うと言うだけで、やりたきゃやればいいと思います。この世界は何だって自由です。好きにすればいいと思います。

ですけど、やるのは自由でも、視聴者から意識的か無意識的にやっているのかはわかりませんけどエネルギーを吸い取るようでは所詮はその程度なわけです。

先日も書きましたけど、一瞥しただけで自分が真理を悟ったかのように勘違いしている人は適切な師匠がいないことが多くて、いたとしても師匠よりも自分の方が上だと勘違いして、その結果、自分がいわゆる教祖様とかスピリチュアル教師とかになってしまったりするのですよね。

それが愛を語りつつエネルギーを実は奪っているのなら、まあ、等価交換とも言えなくもありません。理屈で愛を語りながら、愛とはエネルギーの高まりであるのにそのエネルギーを交換で奪っているなんて、なんて皮肉なお話なのでしょう(苦笑) とても興味深いです。

あるいは、真理を語る筈なのにヒステリーになっていたり、皮肉で真理を語ったりするチャンネルは高確率でエネルギーを吸い取っている気が致します。エネルギーだったり、セミナーの勧誘だったりしますよね。 まあ、それを狙っているのでしょうかね? よく分かりませんけど。そういうチャンネルは見ないほうがいいと私は思いますけど。

まあ、具体的に誰か、ということは、誤解がありますので特に言いませんけど。まあ、ご自身で自由に判断すると良いと思います。

セミナーの勧誘ならまだ可愛いです。厄介なのは、ある程度の能力があって遠隔で視聴者からエネルギーを奪い取る系のYouTuberです。YouTube動画を見ただけでエーテルのコードを繋がれてエネルギーを継続的に吸われてしまうこともあります。まあ、こっちが先にその動画を見てYouTuberに対してエーテルのコードを伸ばしたところを蜘蛛の巣にかかった獲物のように素早く捕らえてエネルギーを吸い取るのでしょうね。ほんと恐ろしいです。そういうときは、以前に書いたようにエーテルのコードを切ることが重要です。動画を見た後に具合が悪ければ吸い取られている可能性がありますので、見えなくてもどこかに繋がっているかもしれませんので自分の周囲、全方向のどこかに繋がっているかもしれないケーブルを見えないナイフのようなもので切るそぶりをイメージすると実際にケーブルが切れてエネルギーの吸入が止まり、結果、エネルギーが減らなくなって気分が回復すると思います。

あまり気が付いていなくても度々やったほうがいいと思います。

悟りとか覚醒とか語っていながら一見すると愛に満ちているように見えてもその人を見るとどこか疲れたり、皮肉が多かったり言葉のあやを利用した否定形の真理の語りが目立ったりヒステリーだったり自己啓発系っぽかったりお金儲けの秘訣とか語っているところはエネルギーもこうして吸っている可能性がある気がしますね。人それぞれ色々なパターンがありますけど。

怖い怖い。見えなくて気付かないと思ってやっているのか、それとも、自分は気付かないうちに無意識でやっているのかもしれないですけどね。

共通して言えるのは、疲れるようなものをわざわざ見る必要ない、ってことです。たとえ愛とか悟りとかを語っていたりしてもね・・・。本物はエネルギーに溢れていて他人から奪わずにエネルギーを分け与えます。偽物もエネルギーに満ちているように見えますけどエネルギーを周囲から奪い続けているわけです。

目立つことでそういう人にエネルギー(力)が集まることになりますから、ますます変な存在になります。そういう力を持った存在は霊界にも多くいて、形としては「天狗」とか「稲荷の狐」みたいな存在だったりしますね。キツネつきで他者のエネルギーを吸っている場合もありますね。それは人によって異なりますけど。悟りを語っているYouTuberの正体が妖狐みたいなおぞましい狐だったりします。一見すると美しい娘ですけどね・・・。もちろんその本人は自分ではそんなことを言わないでしょうし、指摘しても否定するでしょうしね。霊体は姿なんていくらでも変えられますから、ばれそうならお気に入りの姿以外のどんな姿に化けてごまかしてくるかもわからないですしね。

まあ、どちらにせよそのような存在とは関わらない方が良いです。ちょっと慣れれば感覚で本物かどうかなんてすぐわかりますよね。

そのようなYouTuberであっても体験のいくつかは本物なのだろうとは思いますけど、私がここで言っている本物というのは日常生活で継続的に悟っているかどうかという判定基準ですからね。一瞥の悟りがあったとしてもその後にエネルギーを奪ったりヒステリーになったのならばそれはまだ本物ではないということです。私の個人的な基準ですけどね。

あとはね、この種のケーブルを切りたければ自分の守護霊に「もし意図しない変な存在とエーテルのコードで繋がっていてエネルギーを吸われているのならば、そのケーブルを切ってください」と定期的にお願いするのも手ですね。

本来はこういうのは自分で対処すべきだと私なんかは思いますけど、どうもできないようならば守護霊にお願いするのも手だと思いますし、繋がっていないと思っていても繋がっている時がありますから、そういう確認の意味も含めて切ってもらうのもいいですね。

守護霊も、お願いされた時以外は放置の守護霊もいれば過保護な守護霊もいますので性格次第ではありますけどね。基本的には自分で対処して、確認および自分では難しい時は守護霊にお願いするといいかなと私なんかは思いますけどね。まあ、好きにすればいいと思います。

エネルギーヴァンパイアをしている妖狐系のYouTuberは手に負えないですけど、その一方で、一瞥の悟りをしただけで悟っているかのように勘違いしているだけの人はまだ救いがあります。

一瞥の悟りで悟ったかのように思っている人を時に「勘違い系」と言ったりもしますけど、それは別にそれほど悪い意味でもなくて、永続的な最終的な悟りだと勘違いしているのはそうなのですけど、一瞥の悟りであってもそれはそれで素晴らしいですし、後ほどいつかはそのことに気が付いて伝統的な修行の道に進んで永続的な悟りを目指すというのは割と多いケースのように思います。ですから、それほど悪いことではないかなとは思うのですが、そうは言いましても、YouTube動画とかブログを書いてエネルギーを吸い取るのは迷惑でしかありませんので、それはやめて頂きたいということです。少なくとも視聴者側としてはそのような勘違い系の人に対して防御する必要がありますね。



(時系列の次記事)アジナに集中してアナハタの扉を開く
(同テーマの次記事)命の重さ