アジナに集中してアナハタの扉を開く

2020-12-17 00:00:00
トピック:スピリチュアル: 瞑想録

少し前までは、後頭部に集中してタマスをヴィシュッダに吸い込ませるという瞑想をすることで静寂の境地になり、それを続けて静寂の境地の状態になっていました。

その状態では下半身が充実していて、胸のあたりもそれなりに充実していた状態でした。

同様の瞑想を続けるうちに胸のあたりまで充実した感じになり、頭が清浄な透明なオーラ、喉より下が充実した感じになりました。これは、頭が天のエネルギーで満たされて喉より下が地のエネルギー、いわゆるクンダリーニで満たされた状態なのかなと解釈しております。

更に瞑想を続けたら喉より下にオーラが降りなくなり、クンダリーニが頭の下半分まで充実するようになりました。

この状態ですと、それなりに静寂の境地になるのですがちょっと不安定で、おそらくは地のエネルギーが優勢になりすぎていて不安定になっているのかと思われましたので天のエネルギーを掴むようにして降ろすという瞑想をすることで地のエネルギーであるクンダリーニと天のエネルギーとのバランスを取るようにしておりました。

そうこうしているうちに、クンダリーニがアジナのあたりまで充実するようになり、最初は不安定だったりもしましたが同様に天のエネルギーを降ろすことでバランスを取っておりました。

そのようにアジナへの集中を続けて、その際には会陰も度々意識してクンダリーニをアジナに上げるということをしておりました。そうしてアジナにオーラを集め、そこを全身の力で前方向に「押す」ようにして圧迫感を感じておりました。そうすることで安定するような気がしていたのです。

すると、特に感覚はなかったのですが瞑想中にふと気がつくとちょっとだけ緊張が取れて安定するようになりました。天のエネルギーとのバランスが取れたのかもしれません。アジナのあたりの圧迫感がかなりなくなっていました。

更にそのような瞑想を何回か続けていると、特に意図はしていなかったのですが、胸のあたりのアナハタで「パチン」という小さな感覚が一瞬した後、胸のあたりの緊張がそれなりに更に解けてリラックスが深まり、胸のあたりがスースー風通しの良い感じになりました。

もの凄く風通しが良いという感じでもなく、なんとなく開いているという感じですが、それでも割と以前よりも何かが通っている感じです。

以前にも何回かはこのような感覚があったように思いますが、今回はよりはっきりと感じられています。段階的にアナハタが開いているのでしょうかね。

アジナに集中していましたので特にアナハタは意識しておりませんでしたが、このようなこともあるのですね。

この状態ですとアジナが地のエネルギーであるクンダリーニで充実していても不安定にならず、静寂の境地という感じよりは静寂の境地に浸ることを許さない奥深い意識が動いている感じではありますけど、それでも安定しています。

イギリス時代にスパルタ教育した記憶に基づきますと、こうしてアジナにオーラを充満させて強力に集中することが重要だったように思います。その時の教育は具体的な細かいことは忘れてしまいましたけど、まあ、基本はこうしてオーラを充足させることだったかと思います。

そして、そのまま瞑想を続けるとアジナが充実したまま静寂の境地に達します。

主に2つの静寂の境地をここまで経験しました。

・ヴィシュッダより下が地のエネルギーであるクンダリーニで満たされ、頭が天のエネルギーの透明な光で満たされた時に起こった静寂の境地
・アジナまで地のエネルギーであるクンダリーニで満たされたまま充実して起こった静寂の境地

今は、ヴィシュッダでオーラの質が分かれていた頃の静寂の境地とはまた少し異なる状態ではありますが意識の静寂という観点から言えばどちらも静寂の境地のように思います。静寂の境地はオーラがとても安定した状態と言えるのかもしれません。