(同テーマ&時系列の次記事)鼻頭を意識するだけで雑念が消える

鼻頭に意識を合わせて呼吸するだけでエネルギーが頭まで上がる

2020-12-22 00:00:00
トピック:スピリチュアル: 瞑想録

少し前はこうはならなくて、ムーラダーラに意識を少し当てることでエネルギーを頭まで上げるというようなことをしていました。

ここにきて、そうしなくても単に鼻頭あるいは眉間に意識を合わせて息を吸うだけでエネルギーが体の各所を通って頭まで上がるようになりました。

頭、特に眉間へのエネルギーの集中がしやすくなったように思います。

体を通ってエネルギーが上がる際、静電気のようなものが体の各所に現れて背筋が伸びる感じになります。

姿勢がどこか良くなって、瞑想中の頭の角度も、それまではやや前のめり気味になっていたのが背筋から割とピンと頭の上までまっすぐ伸びるようになりました。

体、特にハートのあたりに静電気の感覚があったり、背筋の途中で小さなブロックがあるらしきところに軽い刺激があったりするのを感じます。とは言っても瞑想の妨げになるほどではありませんが。

そのように、わざわざムーラダーラを意識しなくてもエネルギーが上がるようになりましたので、ムーラダーラを意識していた頃は意識の集中を眉間あるいは後頭部などからムーラダーラに一旦移すことで一瞬ムーラダーラを意識してからまた眉間や後頭部などに意識を戻す、という感じでしたけど、それは割と手順が多くて、瞑想を続けていくと割と忘れがちになってその手順をスキップしていることに気が付いたらまた再開する、というような感じでした。

ですけど、ここにきて、そのようにわざわざしなくても鼻頭(あるいは眉間)を意識しながら呼吸をするだけで息を吸うタイミングでエネルギーが下方のだいたいムーラダーラのあたりから頭のあたりまでしっかりと上がります。

これは楽ちんですし、今までよりもずっとエネルギーが集まりやすくなったように思います。

オーラの状態を見ると、ムーラダーラからサハスララのあたりまで割と均一になった感じ致します。以前は割と分かれていて、ヴィシュッダで陰と陽が分かれていた頃もありましたし、その後はもっとグラデーションっぽくなってきました。

それが、ここにきてより一層、均一化されてきたように思います。

この状態になると、天のエネルギーと体のエネルギーとの差異がなくなってきて、わざわざ天のエネルギーを取り入れるということをしなくてもエネルギー的に既に天のエネルギーに近くなっていて、具体的には、天のエネルギーを取り入れなくてもバランスが既に取れているのでムーラダーラからエネルギーを上げた際にバランスを取るために天のエネルギーを取り入れる必要がそんなになくなってきています。既に天のエネルギーと地のエネルギーとが均一化されているような感じです。

瞑想してあぐらの姿勢を取った方がもちろんしやすいですけど取らなくても日常生活の中で鼻頭を意識するだけで割と瞑想状態に近づいてそれと共にエネルギーも眉間まで上がる感じですね。いい感じです。

まだ頭の上まで突き抜けた感じはそれほどないですけど、少なくとも、体がある部分に関しては上下のエネルギーがそれなりに繋がった感があります。

鼻頭を意識していると、ムーラダーラのあたりからエネルギーが現れて頭に集まります。その一部は発散して消えてゆきますが一部は眉間に残ります。そしてまた次の息を吸う時にムーラダーラのあたりからエネルギーが現れて頭に集まり、また一部は発散します。

それはまるで、砂浜で波が永遠に打ち寄せているかのようなものです。エネルギーが現れては消える、そのさまが、ありありと感じられると共に、それが単なる現象というだけではなく、自らの呼吸によってコントロールされているものであるということがはっきりとわかるのです。

日によって調子が悪いときがあって鼻頭を意識しながら呼吸してもいまいちエネルギーが上がらないのであればムーラダーラを意識してエネルギーを上げるということを少し繰り返してあげるとそのうちエネルギーの通りが良くなって呼吸しただけでエネルギーが循環する状態になるようです。あるいはプラナヤーマのクンバカも効果がある気が致します。

それと、食事もこのエネルギーの流れに影響している気がして、健康的な食事を摂るとエネルギーの流れがいいように思います。同様に水もですね。(浄水器を使った)水道水よりペットボトルの水、それも産地によって変わる気が致します。



(同テーマ&時系列の次記事)鼻頭を意識するだけで雑念が消える